中央ITビジネス専門学校ブログ | 2019/09

行事ブログ

中央ITビジネス専門学校での出来事をブログでお知らせします。

ITB presents「LP19中央サミット」

2019年9月24日(火)

本校の1年生が『創作演習』の授業で「Love & Peace 2019」というテーマで作品制作を行いました。

  【 創作テーマ 】 
 「アナログ」×「デジタル」のコラボで世界に1つしかないオリジナル作品を創る!

  <制作過程>
塗り絵した画像をスキャナで取り込み、Wordの機能やフリーの画像編集ソフトを用いて加工していく。さらに『Love & Peace 2019』というメッセージロゴを様々な言語に変換して配置し、よりデザイン性の高い作品に仕上げる。

P1350047.JPG

完成作品を展示し、優秀作品に投票してもらう その名も「LP19中央サミット」を開催したところ、100票を超える投票をいただきました。サミットとは、もともと『頂上』という意味。令和時代の初代王者となる「中央のSUMMIT」を極めたのは、一体どの作品なのか?

   ☆★☆ 入賞作品一覧 ☆★☆

  左が塗り絵の段階での作品、右がデジタル加工を施した完成作品です。
  クリックすると別ウィンドウにて拡大画像がご覧いただけます!

9-1.png

塗り絵の段階では青、緑、黄色、ピンクといったカラフルな色を使っていますが、デジタル処理の過程で白と黒の2色だけにすることで、大きく作品としての表情が変化しています。また、やや雑に塗られた背景部分の筆跡が、彫刻刀で削った木彫作品のような雰囲気を醸し出しています。

9-2.png

この作品の一番の特徴は、塗り絵の段階で500円玉や100円玉などの硬貨をフロッタージュ(凸凹したものを紙の下に置き、鉛筆などでこすって型をこすり出す技法)している点です。さらに、デジタル処理により、女性のあご〜首の部分を極端に絞るとともに、暗闇の中に2つの光を配置することで、他の作品とはかなり趣の異なるミステリアスな作品に仕上がっています。

8.png

塗り絵の段階で背景に幾何学的な模様を描き足し、さらに、不規則に分割したパーツを回転や反転をさせながら組み合わせるというコンピュータ処理を施した「アナログとデジタル」の二重構造作品。デコパージュのようにも、ジグソーパズルのようにも見える遊び心満載のこの作品に対しては、斬新さに関するものだけでなく「おしゃれ!」「色使いやフォントにもセンスを感じる」といったコメントをいただくなど、全体としての完成度も高い評価を集めました。

7.png

明るさ、コントラスト、鮮やかさなどの色調は塗り絵段階のものを完全に保ったまま、思い切って変化させた形状のインパクトだけで勝負した作品。口の部分に色を塗らず白色のまま残していたことが、逆に様々なモチーフを連想させたのか、「もはや女性ではなく、カールおじさんに見える!笑」「ブタの蚊取り線香?」「強烈に吸引されそう…」「破裂寸前の風船に見える」「ブラックホールのようで平和と地獄を表しているみたい」といったコメントをいただきました。

6.png

女性票は18位ながら、男性票は堂々の2位と圧倒的に男性の支持を集めた作品。髪の毛と肩の部分を背景と一体化させるデジタル処理を施すことで、暗闇の中に顔と右手だけが浮かび上がっているかのような不気味さを表現しています。また、フリーの画像編集ソフトで入れ込んだ「妖しげな光を放つ赤い目」は、静寂の中で獲物を狙うジェイソンを彷彿とさせ、恐怖感をより増幅させています。表現したい世界観を見事に演出し切った完成形ですが、赤い涙、顔のヒビ、長く伸びた黒い爪を描き加えるなど「ホラーテイストの作品を創る!」という明確なコンセプトを塗り絵段階からも読み取ることができる作品と言えるでしょう。

m5.png

女性の原型を全くとどめない思い切ったデジタル処理を施した作品。「宇宙」「地球」「惑星」といったキーワードを分かりやすくストレートに連想させる壮大なスケール感が、男性からの人気を集めたようです。また、惑星たちと同調するように丸みのあるフォントを使い、色にも統一感をもたせたロゴは、存在感を示しながらも見事に作風にマッチしています。この作品に対しては「型にはまらないセンスが良い」「自然と水の豊かさを感じる」といったコメントをいただきました。

f10.png

この作品の一番の特徴は「枠に合わせて色を塗る」という塗り絵の基本的な概念を取り払っている点です。さらに、太陽や羽根つきのハートを描き加えるとともにアメコミ風のロゴを入れることで、街中の壁面に描かれた落書きのようなポップでカラフルな作品に仕上がっています。「ゴッホみたい」「芸術的なデザインがとても好き」など、アーティスティックな感性に対する高い評価をいただきました。

5.png

第6位の作品とは対照的に、男性票25位、女性票3位という女性人気の高かった作品。赤とピンクをベースにした丁寧な塗り絵を活かしながら、それぞれの色調が強めに出るようにデジタル処理をすることで、頬の部分がポッとピンクがかった「恋をしている女性」のように見えます。「背景のピンクとロゴのピンクに統一感を感じる」「見ていて明るい気分なる」「Love & Peaceというテーマに一番ピッタリ!」などのコメントをいただきました。

3-1.png

第5位の作品と同様、丁寧に塗り絵をしている分、色彩や形状についての大きなデジタル処理は施していません。シックな色合いを保ちつつ、視認できるかどうかギリギリという程度のごく僅かなぼかしを入れることで、アンニュイな雰囲気を醸し出す大人の女性を表現しています。また、ロゴを全体的にかすれ気味に加工し、筆記体のオリジナルロゴも追加することで、高級ブランドショップの販促ポスターのような作品に仕上がっています。

3-2.png

前述の2作品とは対照的に、塗り絵段階の色調をデジタル処理で大きく変化させた作品。水色とピンクのグラデーションを巧みに入れ込んだ綺麗な色合いと、滑らかさをアップさせることで出した柔らかな質感により、女性らしさをうまく表現しています。また、左右を反転させることで他の作品との間に微妙な「違和感」を生み出し、人目を引く作品に仕上がっています。女性票第2位と、とくに女性からの人気が高く「水色とピンクの色合いが可愛い」「女性らしいロゴが素敵で作品にも合っている」など、優れた色彩感覚と全体的な構成力に対する高い評価をいただきました。

2.png

インパクトのある赤と青で全体をまとめつつ、黒、白、黄色といった「差し色」をアクセントとして効果的に配するなど「色の力」で勝負した作品。左右に大きく伸びた口元、あごや指の陰影など、塗り絵の段階で描き足した部分をより強調させるデジタル処理を施すことで、オイルペイントアート風の質感を出し、ヨーロッパの雑貨屋に並んでいる「お洒落なポストカード」のような仕上がりになっています。ロゴのフォント、色、配置バランスにもセンスの良さを感じさせるこの作品に対しては「サーカスのピエロのように見えて面白い」「インパクトのある色合いが印象的」「真逆に見える赤と青を組み合わせると、すごいパワーの色合いになる!」などのコメントをいただきました。

1.png

男女ともに第一位の得票という圧倒的人気を誇った作品。塗り絵の段階にしろ、デジタル処理の過程にしろ、何かしらのデザインをプラスしている作品は他にも多く見られますが、既存のデザインを完全に消すという「マイナスの効果」により、主役の女性そのものを全くの別人へと変身させた「逆転の発想」こそが、この作品の最大の特徴と言えるでしょう。ペイントソフトで大きな口元を消し、女性らしい微笑みに描き変えるととともに、上まつ毛を伸ばして目元をパッチリとさせることで、女性としての「美人度」が格段に上がっています。また、塗り絵にはない両腕を描き足すことで、元々の上半身の部分がノースリーブの衣装へと変貌を遂げ、プロポーションも良くなったように見えます。マイナス効果とプラス効果を駆使することで「スタイル抜群の美しき女性」を新たに誕生させたこの作品に対しては「口角が上がっていて可愛い」「美人に変身してる!」「にっこりと笑う女性が素敵」「塗り絵の線そのものを変えるという発想がいい」「イラストの間違い探しみたいで面白い」など、完成作品と創作過程、両面に対する素晴らしさについて高い評価のコメントをいただきました。

インターンシップ研修

2019年8月

1年生のインターンシップ研修を実施しました。今年は羽曳野市役所、羽曳野市役所社会福祉協議会、アサヒプロテクトニーズ、読売NEXT、カフェ・ソルドマーレ、センチュリーシステムズ、成近屋、セブンイレブン、YPC保育園へ、約一週間の研修でした。写真はその報告会で、研修で学んだ得たこと、就職に際しての自分自身の現在の課題、等を話し合いました。

CIMG0513.JPG

ミュージカル「リトルマーメイド」鑑賞

2019年7月18日(木)

恒例、劇団四季のミュージカル鑑賞を行いました。今年の演目はディズニーの「リトルマーメイド」。本当に水中を泳いでるかのような演技や演出や、力強くまた美しい歌声に感動し、心も体も癒やされました。

IMG_3472.JPG

進路フォーラム

2019年7月17日(水)

毎年恒例になった「進路フォーラム」が開催されました。これは本校の卒業生が、就職や進学した貴重な体験を後輩達に話してもらうものです。今年は就職した中村さん、西澤さん、新藤さん、進学した合田さんがきてくれました。先輩方の貴重な話に在校生が真剣なまなざしで聞き入っている姿や、落ち着いて堂々と話をしている卒業生の姿を見て、彼らの成長ぶりにも大変感動しました。例年にも増して充実した「進路フォーラム」になりました。

CIMG0510.JPG

ボランティア講座の開講

2019年6月11日・18日・25日(火)

東住吉区社会福祉協議会の皆様にご来校いただき、二年生を対象に「ボランティア活動実践講座」を開催しました。内容は「障がいについて学ぼう」「認知症について」「ボランティアについて」で、今年は「手話講座」も加えていただきました。学生達はこの講座で学んだことを、8月11日に「大阪発達総合医療センター」で、また8月18日には「特別養護老人ホーム ヴァンサンク東住吉」でのボランティア活動に活かすことが出来ました。

CIMG0399.JPG
CIMG0406.JPG