中央ITビジネス専門学校ブログ | 2018/05

行事ブログ

中央ITビジネス専門学校での出来事をブログでお知らせします。

ランチクルージング in Kobe

2018年5月23日(水)

今回の社会見学は神戸。ランチクルージングに合わせて昼前の現地集合ということで、
早めに到着し、一遊びしてからやって来た学生たちもいたようです。

そして、お目当てのランチクルージング in 神戸コンチェルト★

神戸ポートタワーや明石海峡大橋など、ベイエリアの景色を楽しみながら、
美味しいバイキング&ピアノの生演奏を堪能し、優雅な時間を過ごしました。

P1230323.JPGP1230322.JPG
P1230321.JPGP1230331.JPG

あいにくの空模様でしたが、サンデッキへ出て楽しむ学生の姿も♪

P1230335.JPGP1230343.JPG
P1230347.JPGP1230336.JPG
P1230342.JPGP1230355.JPG
P1230353.JPGP1230350.JPG

クルージングが終わってからはハーバーランドを散策。

P1230366.JPGP1230384.JPG
P1230364.JPGP1230376.JPG

最後は、南京町で中国の熱気を感じながら、
飲茶を食べたりお土産を買ったりして楽しみました。

IMG_1428.JPGP1230389.JPG

一年生にとっては初めての社会見学。これからの様々な行事を通して先輩・後輩の枠を
超えて、どんな時でも助け合える「一つの仲間」になっていってほしいと思います。

「日本の心を知る」

2018年5月16日(水)&17日(木)

春季集中講座の2日目・3日目。
今年度の重点学習テーマが「日本の心を知る 〜世界への発信力を高めるために〜」ということで、書道講座、茶道講座を開きました。

 【 書道講座 】
CIMG2535.JPGCIMG2547.JPG
CIMG2544.JPGCIMG2488.JPG
CIMG2528.JPGCIMG2529.JPG
CIMG2479.JPGCIMG2551.JPG
CIMG2541.JPGCIMG2532.JPG

 【 茶道講座 】
CIMG2473.JPGCIMG2511.JPG
CIMG2515.JPGCIMG2496.JPG
CIMG2495.JPGCIMG2519.JPG
CIMG2506.JPGCIMG2516.JPG
CIMG2525.JPGCIMG2522.JPG

オリンピックや国際的なスポーツの大会を観戦している時といった限られた場面でしか、ナショナリズムの高揚を感じたり、日本国民としてのアイデンティティを見直したりする機会がない現代社会ですが、学生たちには、今回のような日本の伝統的文化に触れる経験を通して「和の心」「日本の心」を体感していってほしいと思います。

BBQだー!!!

2018年5月15日(火)

初夏を思わせる眩しい太陽に包まれた5月の一日。
今年も学生同士の親睦を深めるために、浜寺公園でBBQを行いました★

グループに分かれ、自分たちが食べる食材は、自分たちでスーパーで買い出し。

どんな食材を買ってくるのかな〜と思っていたら、、、

当日はどこのグループも工夫して、シーフードのホイル焼き、焼きそば、おーーきなお肉など、色んなものを焼いていて、とっても楽しそう&美味しそうでした!

CIMG2363.JPG
CIMG2365.JPG
CIMG2366.JPG
CIMG2369.JPG
CIMG2377.JPGCIMG2409.JPG
CIMG2402.JPG
CIMG2398.JPG
CIMG2399.JPG
CIMG2401.JPG
CIMG2407.JPGCIMG2403.JPG
CIMG2408.JPG
CIMG2424.JPGCIMG2435.JPG
CIMG2438.JPG
CIMG2458.JPG
CIMG2448.JPGCIMG2449.JPG
CIMG2457.JPG

普段、一生懸命、勉学に励んでいる学生たち。そんな学生たちにだからこそ、OFFの日の使い方も学んでほしくて今回のBBQの企画が生まれました。学生生活の中でも、社会人になってからでも、OFFの日が充実が、普段のONの生活の活力になるのです。

一生懸命遊び、一生懸命勉強する!

充実した学生生活を★

フリマ!!

2018年5月13日(日)

『商売』というものを体験する機会をつくるため、学生と教員が持ち寄った品物でフリーマーケットに参加してきました。

商品の仕分け、販売価格の設定、看板やPOP広告の制作…など、入念な準備をしたかいがあり、客足は上々!大阪のおばちゃんパワー(笑)に押されて、かなり値切られたこともありましたが、学生たちは、机上の学習では得ることのできない「何か」を感じてくれたのではないでしょうか。

P1230125.JPG
P1230128.JPGP1230130.JPG
P1230159.JPGP1230157.JPG
P1230152.JPGP1230144.JPG
P1230134.JPG