中央ITビジネス専門学校ブログ

行事ブログ

中央ITビジネス専門学校での出来事をブログでお知らせします。

秋だ!BBQだー!

2021年10月20日(水)

秋も深まり、木々も鮮やかに色づき始めた10月の一日。
今年も学生同士の親睦を深めるために、浜寺公園でBBQを行いました。

グループに分かれ、自分たちが食べる食材は、自分たちでスーパーで買い出し。

どんな食材を買ってくるのかな〜と思っていたら、、、

当日はどこのグループも工夫して、シーフードのホイル焼き、焼きそば、おーーきなお肉など、色んなものを焼いていて、とっても楽しそう&美味しそうでした!

4.png
7.png
8.png
9.png
10.png
11.png
CIMG7718.JPG
CIMG7719.JPG
CIMG7729.JPG
CIMG7744.JPG
CIMG7748.JPG
CIMG7752.JPG
CIMG7754.JPG

普段、一生懸命、勉学に励んでいる学生たち。そんな学生たちにだからこそ、OFFの日の使い方も学んでほしくて今回のBBQの企画が生まれました。学生生活の中でも、社会人になってからでも、OFFの日の充実が、普段のONの生活の活力になるのです。

一生懸命遊び、一生懸命勉強する!

充実した学生生活を★

インターンシップ研修 報告会

2021年9月15日(水)

1年生の学生が7月から8月にかけて、東住吉区社会福祉協議会、羽曳野市社会福祉協議会、セブンイレブン、センチュリーシステムズ…等でインターンシップ研修をさせていただきました。

この日はその報告会。「研修中のエピソード」「研修を通して学んだこと」「働くために今の自分には足りない力」などを発表し合いながら、今回のインターンシップ研修の意義や今後の学生生活への課題を共有しました。

P9260020.JPG
P9260023.JPG

今回の研修を有意義なものにするかどうかは、今後の学校生活次第。自らの課題を克服するため、ITBで実施される様々な活動に対して、その意味や意義をしっかりと考えながら、主体的に積極的に参加していってください!

短冊に願いを込めて…

地元の東住吉区社会福祉協議会の方からご紹介をいただき「笹作りボランティア」に参加しました。

7月7日の七夕に向け、区内の各集会所に「笹の葉」の絵を展示し、そこに地元のお年寄りの皆さんが願いを込めた短冊を飾り付けていくという取り組みです。本校の学生たちは、集会所に展示する笹の葉を制作するパートで協力をさせていただきました。

ガイダンスやアルバイトで放課後も忙しい日々を送る学生たちですが、うまく時間を見つけながら綺麗な笹を完成させ、無事に手渡すことができました!

S__118145048.jpg
S__118145050.jpg
S__118145053.jpg
S__118145049.jpg
S__118145034.jpg
S__118145037.jpg

担当者の方から「ぜひ見に来てください!」という連絡を受け、七夕翌日の7月8日、地元の方々の願いが詰まったカラフルな短冊で飾り付けられた笹の葉を見に行くこともできました★

3.png
2.png

これからも地域社会に貢献しながら「地元の人々に愛される学校」を目指して、様々な活動に取り組んでいければと思います!1

★ラジオ収録本番!!!★ 〜シトラスリボン続編vol.3〜

学生たちがラジオ番組『ミナミ ほんまもん SAI発見!』の収録本番に臨んできました!!!

ラジオ局の方々との打ち合わせを重ねて、いざ本番へ!!
放送局のラジオブースに入る経験なんて、もちろん初めての2人。

かなり緊張した面持ちではありましたが、パーソナリティの方々にも優しくフォローしていただき、自分たちの思いを見事に表現してくれました。

20210607_183113.jpg
IMG_6413.JPG
IMG_6414.JPG


素晴らしい機会を設けていただいた「YES・fm」の皆さん、本当にありがとうございました!!

フライングディスク選手権開催!

2021年6月5日(土)

今年度に入って初の行事、「フライングディスク選手権」を開催しました!

近畿大学の「健康スポーツ科学」のスクーリングでフライングディスクの講義を受けてきたばかりの一年生と、1年ぶりの2年生が合同で7チームに分かれ、対抗しました。

ディスクも段ボールで各チーム3枚作成しました。大きさや形も、各チームで作戦を練り、いざ試合に☆


P1420430.JPG
P1420434.JPG
P1420443.JPG
P1420450.JPG
CIMG1486.JPG
CIMG1495.JPG
CIMG1525.JPG
CIMG1541.JPG
CIMG1546.JPG


楽しく本気の戦いをしていた学生達。
普段の授業とはまた違った一面を見せてくれました。

同じチームの中で、運動が得意な学生も苦手な学生も助け合い、作戦を立てて一丸となって勝ちにいった今日の戦いは、とても意味のあるものだったと思います。今日の経験を忘れす、想いやりの心を持って、これからも仲間と共に学校生活を謳歌してくれると嬉しく思います。

★FMラジオ出演決定!!★ 〜シトラスリボン続編vol.2〜

ラジオ出演ポスター.png

このブログでも紹介していた「シトラスリボンプロジェクト」が大変なことに!!
なんと、本校の取り組みをFMラジオで紹介していただけることとなり、代表の学生2名がラジオ出演することになりました!!

出演させていただくのは「YES・fm(78.1MHz)」で毎週月曜の18:45〜放送されている『ミナミ ほんまもん SAI発見!』という番組。6月7日と14日の2週にわたり、本校が取り組んだ「シトラスリボンプロジェクト」について、学生たちが熱く熱く語ります!!

スマホやPCの場合は「FMプラプラ」にアクセスして、ぜひぜひ聴いてみてください♪

★Thank you card 授与式★ 〜シトラスリボン続編vol.1〜

2021年5年28日(金)

「シトラスリボンプロジェクト」に協力してくれた高校生の皆さんに、ITBの学生たちから『Thank you card』をプレゼントしました。

P1420397.JPGP1420404.JPG
P1420410.JPGP1420413.JPG
P1420409.JPGP1420416.JPG

感謝の気持ちを込めたメッセージカード&シトラスリボンをモチーフにした可愛いストラップ♪ みんなで協力し合った「最高に気持ちのいい一日」に携わった『証』です!!

CIMG6869.JPG

「食育講座」presented by シノブフーズ

2021年5年21日(金)

春季集中講座の最終日。食品加工業界の大手であるシノブフーズ株式会社の方にお越しいただき「食育」をテーマにした講演をしていただきました。

P1420302.JPG
P1420307.JPG

後半はチームに分かれてのグループディスカッション。各グループの発表&意見交換も行い、「朝食の大切さ」や「ジャンクフードの功罪」など、食に関する見識を深めていくことができました。

P1420311.JPGP1420312.JPG
P1420314.JPGP1420315.JPG
P1420323.JPGP1420325.JPG
P1420328.JPGP1420334.JPG

充実した学校生活を送っていくためには何よりも健康が第一です。
今日の講座を自らの食生活を見つめ直すキッカケにしてみて下さいね!!

★シトラスリボンプロジェクト★

2021年5年20日(木)

春季集中講座の2日目。ITBの全学生がボランティア活動「シトラスリボンプロジェクト」に参加しました。

シトラスリボンプロジェクトとは、コロナ禍で生まれた差別、偏見を耳にした愛媛の有志がつくったプロジェクトで、愛媛特産の柑橘にちなんだシトラス色のリボンや専用ロゴを身につけることで「ただいま」「おかえり」の気持ちを表す活動です!!
(※プロジェクトの詳細はコチラ→https://citrus-ribbon.com/

まずは、このプロジェクトのリーダーに立候補した学生たちが、事前に地元の東住吉区社会福祉協議会の方々からプロジェクトの意義や実際のリボンの作り方を教わりました。

CIMG6853.JPGCIMG6855.JPG
CIMG6856.JPGCIMG6858.JPG

リボン作り本番当日へ向けて準備をしていたある日、姉妹校である中央学園高等専修学校の生徒たちからも「ぜひ、先輩たちのプロジェクトの手伝いをしたい!」という声があがり、当日は35名もの有志の高校生たちがリボン作りに参加してくれました。

P1420263.JPGP1420252.JPG
P1420262.JPGP1420258.JPG
P1420256.JPGP1420264.JPG
P1420285.JPGP1420276.JPG
P1420273.JPGP1420277.JPG

ボランティアという活動を通して、先輩・後輩が協力し合いながら、同じ目標に向かって心をひとつにして取り組むことができた1時間半は、それぞれの学生・生徒にとって非常に意義深いものになったと思います。

ご協力いただいた皆さん、本当にありがとうございました!!

「災害に備えて」

2021年5年19日(水)

春季集中講座の初日。2年生の学生たちは、自衛隊より本校までお越しいただいた自衛官の方から「災害に備えて」というテーマでの貴重な話を聞かせていただきました。

CIMG1477.JPG
CIMG1475.JPG

コロナ禍にあるとはいえ、食べ物や住む場所に困ることなく日常生活を送っていける日々は、決して「当たり前」ではなく「有難く感謝すべき」ものであると再確認できたのではないでしょうか。これからも「周りへの感謝の気持ち」を忘れることなく、しっかりと自分の道を進んでいきましょう!