中央ITビジネス専門学校ブログ | ITB presents 「ひまわり甲子園」

行事ブログ

中央ITビジネス専門学校での出来事をブログでお知らせします。

<< 『ITBの愉快な仲間たち』 | main | ★スタンレーの旅★ >>

ITB presents 「ひまわり甲子園」

2018年12月3日(月)

本校の1年生が『創作演習』の授業で「オリジナルMyひまわり」を制作しました。

 【 創作テーマ 】 
「アナログ」×「デジタル」のコラボで世界に1つしかないオリジナル作品を創る!

  <制作過程>
塗り絵した画像をスキャナで取り込み、Wordの機能やフリーの画像編集ソフトを用いて加工していく。さらに『私は太陽が好きだ』というメッセージロゴを様々な言語に変換して配置し、よりデザイン性の高い作品に仕上げる。

P1300653.JPG

完成した作品を展示し、優秀作品に投票してもらう その名も「ひまわり甲子園」を開催したところ、137票もの投票をいただきました。その集計結果を高等課程との合同集会で本校の学生がプレゼン形式で発表しました!

P1300655.JPG
title.png


   ☆★☆ 入賞作品一覧 ☆★☆

  左が塗り絵の段階での作品、右がデジタル加工を施した完成作品です。
  クリックすると拡大画像がご覧いただけます!

10 - コピー.png

フリーの画像編集ソフトを使用したデジタル加工により、太陽の光でキラキラと輝く「ガラス細工」のようなひまわりに仕上がっています。また、背景を青色にすることで、クールな印象がより際立っており、手描きでは絶対に表現できない、まさしく「コンピュータグラフィック」という作品になっています。「背景とのコントラストが目を引く」「インパクトがあって印象的」などのコメントをいただきました。

8-1 - コピー.png

黄色と茶色を基調とした本物のひまわりに近い色味を使い、丁寧に塗り絵をしているのが分かります。その塗り絵の色調を保ちながら、デジタル加工で鮮やかさをアップするとともに、メッセージロゴも同系色にすることで「統一感のある明るさ」が全面に出る作品となっています。「よく似た色合いの作品もあるが、この作品が一番バックの色と合っている」といったコメントをいただきました。

8-2 - コピー.png

背景も含めて黄色一色だけで勝負した異色の作品。唯一、「黄色ではない色」とも言える黒色の線の部分を強調しつつ、ザラザラの質感を出すことで、磁石に集まる「砂鉄のアート」のような作品になっています。圧倒的な存在感を持ったこの作品に対しては「THE ひまわり」というコメントをいただきました。

7 - コピー.png

上にある第8位の作品とは反対に、全体の滑らかさをアップすることで、黒色の線の部分が消えるような加工を施しています。さらに、大多数の作品が色の鮮やかさをアップさせているのとは対照的に、少しくすんだような色合いに変化させることで、キャンパスに描かれた油絵のような作品に仕上がっています。また、塗り絵の段階から、色の濃淡を使ってグラデーションや影をつけたこと、メッセージロゴの形状をこちら側に向かって突き出るように工夫したことで、立体感のある「3D作品」のようにも見えます。この作品には「色彩とグラデーションの使い方が良い」「きちんと影を作っているのがgood」「デジタルイラストのような完成度」などのコメントをいただきました。

6 - コピー.png

メインであるひまわりには、ほとんど色を塗らないという「逆転の発想」からスタートした作品。デジタル加工を施した後の完成品にも「色」と呼べるものはほとんど存在しませんが、光に包まれて今にも消えてしまいそうな「儚さ」と「危うさ」を表現したこの作品は、見る者それぞれの中に様々なストーリーを作り上げていくのではないでしょうか。この作品には「幻想的なイメージが素敵」「神秘的で他の作品にはない雰囲気がある」「想像力をかき立てられる」などのコメントのほか、「こんなん大好き!2票入れたい!」という思い切ったコメントもいただきました。

5 - コピー.png

この作品の特徴は、一昔前の解像度が低いゲームに登場するキャラクターのような「ドット感」を出した点です。また、背景にもしっかりと塗り絵をすることで、作品全体を柔らかなパステルカラーで包んでいます。さらに、やや黄色がかった色合いにし、ドット調で統一感を出したメッセージロゴをあえて黒色で配置することにより「モダンなのにレトロ」「レトロなのにモダン」という独特な世界観を持った作品に仕上がっています。

4 - コピー.png

塗り絵は第8位に登場したものと同じ。第8位の作品では、全体を黄色一色にデジタル加工していましたが、この作品では、ひまわり部分の色合いは保ちつつ、背景だけを思い切ってピンク色にしています。また、黄色や緑色を鮮やかにすることで、現実世界にも存在するような色合いのひまわりを生き生きと表現しています。背景を含めた全体の構成力が優れている作品が上位を占めた中、「背景は背景」「ひまわりはひまわり」というように個々の力で勝負した作品と言えるかもしれません。「背景のピンクが可愛い!」「ひまわりが非常に鮮やかで目を奪われる」といったコメントをいただきました。

3 - コピー.png

全作品の中で最多の1位票を獲得したものの、2位票と3位票は少なく、好みの分かれた作品と言えるかもしれません。お世辞にも綺麗な塗り絵とは言えませんが、もはや「塗り絵がどうこう」「ひまわりがどうこう」といったレベルを超越した思い切ったデジタル加工を施しています。妖しげな色合いに変化させた上でモザイクをかけ、シンプルな白色の注意書きを加えることで、「見てはいけないけど見たいもの」というような好奇心をくすぐる作品になっています。かなり斬新な発想のこの作品に対しては「意外性ありすぎ!」「私には絶対にないアイデア」といったコメントをいただきました。

2 - コピー.png

塗り絵は第8位に登場したものと同じ。第8位の作品では、黄色、オレンジ、茶色といった塗り絵段階の暖色をより強調する加工を施していましたが、この作品では、その暖色にあえて逆行するように、やや青みがかったトーンに変更しています。それにより、色のコントラストが際立つとともに、青い線の部分にデジタル的な要素が追加され「暖かさ」と「クールさ」がコラボレーションした作品に仕上がっています。「色のバランスが良い」「色のコントラストが綺麗で素晴らしい」「暖色が際立っていて目を引く」「太陽に向かって咲くひまわりの力強さを感じさせる配色だと思う」「単純に色合いが好き!」など、優れた色彩感覚に対して高い評価のコメントをいただきました。

1 - コピー.png

塗り絵は第7位に登場したものと同じ。第7位の作品では、全体の滑らかさをアップすることで油絵のような質感を出していましたが、この作品では、絶妙なバランスのぼかしをかけることによって、一筆一筆、丁寧に描かれた水彩画のようなひまわりを表現しています。また、全体の色のトーンをやや深みがかった青色に変化させることで、大人っぽく上品な作品に仕上がっています。さらに「I like the sun」というメッセージロゴにも、デザイン性やレイアウトの工夫が見られ、全体としての完成度が非常に高い作品と言えます。この作品に対しては、「色に統一感があり、メッセージロゴの入れ方も良かった」「色彩がまとまっていて、全体的な構成も良いと思う」「とにかく綺麗な作品だった」「おしゃれなショップで売られているポストカードみたい」といったコメントをいただきました。

ありがとう掲示.png